Googleの中の人がSMX Advanced 2016で語った最新SEO動向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
danny-sullivan-gary-illyes-smx-advanced-1920-800x450

6月22、23日に米シアトルで世界的な検索のカンファレンスであるSMX Advancedが開催された。SMX自体は検索の最大メディアのひとつ、Search Engine Landによって開催されていて、今回のカンファレンスでは代表のDanny Sullivan他、GoogleのGary Illyesが参加した。

今回はあまり目立ったセッションはなかったが、その二人のキーセッションは最新の話について触れているので、内容を簡単にまとめた。

参照) Key takeaways from the Google AMA: RankBrain, Panda, Penguin, bots & more

動画はこちら https://www.facebook.com/searchengineland/videos/10153601397961669/

rel=”author”による著者情報の利用について

2年ほど前からrel=”author”についてはランキング要因としては全く使われていないが、In-depth記事では使われている、という話であったが今回はじめて完全に利用が停止されたということだ。著者情報はユーザーにとってそれほど大事じゃないという示唆なのだろうか。

RankBrainの対策方法はない

Gary IllyesはRankBrainの最適化の方法はないと説明した。表示速度やパンダ、ペンギンといったアルゴリズムのようにスコアをつけるようなものではないが、それでもランキング要素である、とのこと。RankBrainは情報探索の後にさらに走る処理(post-retrieval)と言われているのでスコアリングとはまた違ったものなのだろう。

パンダアップデート

パンダアップデータはコンテンツの品質に関するアルゴリズムだが、現在も継続的にアップデートが実施されているようだ。アップデートの実施は非常に遅く、一つのサイクルに何ヶ月も要するとのこと。リアルタイムに実行されるものではないし、とても遅いものだということがわかる。

ペンギンアップデート

Garyは次のペンギンアップデートの実施タイミングは公にしないと伝えた。現在チームが取りかかっているがリリース時期は予告とずれることが多いので、予告自体をやめたいようだ。笑

AMP

AMPは私たちが想像しているより大きいものになりそうだ。現在のところニュース、およびレシピが対象だったが、今後は製品なども対象範囲となり、ECサイトなども注意深く動向に注意する必要がある。

アシスタントボットについて

Facebook Messengerがチャットボットを第三者に公開し始めたのも記憶に新しいが、先日Google I/Oで発表したGoogle Assistantのことだけではなく、チャットボットなども注意を向けるべきだ、Garyは言っている。

Mobile-only index

Googleはモバイルのみのインデックスに依然取りかかっているようだ。現在はPCもスマートフォンも同じ検索結果を表示しており、ランキング要素もほぼ同じものを採用しているが、現在は実験しながらモバイルのみの検索結果を表示しようとしている。SEMリサーチの渡辺さんはモバイルだけのSEOは存在しないと発言されていますが、ユーザーが利用する文脈を考えれば別々のランキングシグナルを持つことは自然だ。家の外で使う時に表示して欲しい検索結果と、家の中で表示して欲しい検索結果は異なるだろう。

Search Consoleの利用データの拡大

現在90日の分しか利用できないSearch Consoleだが、その利用範囲が拡大されるかもしれない。検索アナリティクスの期間だけでなく、他のデータの利用も拡大される可能性が高い。

HTTPSについて

すでに34%のサイトがHTTPSを採用しているようで、かなり成長しているとのこと。GaryはHTTPSへの変更を強く勧めていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*